この度は、長門市油谷にある空き家の解体工事を施工させて頂きました。
日本海に面した港にほど近い場所に立地している当空き家は、潮風による劣化は見られますが、まだまだしっかりとした佇まいです。

空き家

セメント瓦葺屋根の典型的な古屋で、建物自体はまだしっかりしていますが、随所に痛みが目立っています。
庭には大きな庭石も点在しており、こちらも今回の解体工事にて撤去させて頂きました。

重機

建物の隣は広い空き地となっていたため、こちらに解体に使用する重機を設置させて頂きました。
余談ですが、この空き地があるか無いかで解体工事の施工方法が大きく変わってきてしまいます。
空き地が無く重機の添え付けが困難な場合、置き場所を確保するために建物の一部を人力解体する必要があります。
人力解体を要した場合、重機を使用しての解体工事と比較して高額な工事費用が発生してしまうため、解体物件の周りの環境は工事金額に直結してしまうのです。

空き家の中

空き家の中は、床の抜けや雨漏りも無く状態は良好でした。
畳や襖など簡単に取り除くことの出来る木材ではない廃材を、建物の解体前に取り除いていきます。
この作業を事前に施すことにより、後の解体工事分別作業を効率良く行うことが可能となり、工事現場自体もより綺麗に保つことが出来ます。

屋根

屋根材も同様、重機での解体に入る前に人力にて撤去します。
屋根材の撤去は高所作業に当たるため、慎重に進めていきます。
こちらの空き家は、屋根の下地もしっかりしていたためスムーズに作業が進行しました。

解体工事作業

屋根材を撤去した後、重機による解体工事を施工します。
当然ですが、人力と比較して重機による解体工事の方がより速く進行していきます。
建物を一気に崩してしまうと、後の廃材仕分け作業が大変になってしまうことから、少し崩しては分別してという作業を続けていきます。
解体工事のイメージは重機で豪快に崩していくことを想像されている方が多くいらっしゃいますが、実際は地道な仕分け作業などが非常に多く、イメージとは裏腹に地味で細かな工事となります。

基礎掘り

建物の上物を解体後、今度は基礎部分の撤去作業に移ります。
今回の空き家は古い木造住宅ですので基礎は小さいですが、築年数が浅い新しめの物件になれば建築基準法や耐震性の観点から同じ規模の住宅でも基礎の大きさや強度が段違いに強固となります。
逆に、より古い築100年を超えてくる建物の場合、石の上に上物が乗っかっているだけの住宅もございます。

更地

基礎と庭石を撤去した後、粗整地で仕上げました。
建物が無くなるだけで、その土地がすごく広く感じる感覚はいつもながら思ってしまいます。
昨今、空き家の処分にお困りの方が多くいらっしゃいますが、空き家の解体をご検討されていましたら是非BLASTへお声かけ下さい。
無料でお見積もりはもちろん、解体工事のメニューや解体後の土地活用までご相談に乗らせて頂きます。

場所山口県長門市油谷
建物木造平屋建セメント瓦葺屋根住宅
工事内容建物の解体、庭石撤去、粗整地仕上げ
坪数約30坪
工事費170万円